2019年9月16日月曜日

都立東大和高校にて普通救命講習を実施しました

こんにちは、「やまとなでしこ」の “ちあき” です。

8月23日(金) 東大和高校一年生を対象に、普通救命講習が行われました。

300名余の生徒さん達。今年はどれくらいのパワーを持って講習を受講してくれるのかと期待をしながら、東大和市消防団9名は応急手当普及員として望みました。

体育館の中は猛暑と熱気で異常な暑さ…
さあ、みんな、暑さに負けず頑張りましょう!

救急協会の方が導入の話をし、その後、実践してもらう心肺蘇生をデモンストレーションし、各班に分かれてみなさんにやってもらいました。

最初、1分間だけ胸骨圧迫を一人ずつやりましたが、“疲れたぁ”“手が痛い”
などの声が聞こえましたが、胸骨圧迫30、人工呼吸2回を3サイクルやり始めたら、みんな真剣になり、疲れたの声も聞こえず、一生懸命に取り組んでいました。

その後は、二人一組になり、協力しながらの心肺蘇生。

しっかりと言葉を交わしながら、お互いにAED、心肺蘇生を確認しあいながら進めていました。





実技が終了してから感想を聞いてみました。
“以前にやったことがあったが、今日やって復習になりよかった”
“小、中学生の時にやったことあるが、こんなに本格的ではなかったので、勉強になった”
“楽しかった”
などの声をいただきました。

最後に東大和出張所長の佐藤様からのご挨拶の中で、
「東大和高校の校歌の中に、“命を守れよ”とあります。
簡単に命が奪われてしまう今日、是非、皆さんが命を守って下さい!」
と力説され、講習は終了しました。

今日の講習で得た技術を、若い人の力で、“共助”を広めていってくれたら嬉しいです。

2019年9月10日火曜日

「やまとなでしこ」自主訓練を実施しました

こんばんは!!
やまとなでしこの りえ です!
8月21日に「やまとなでしこ」の自主訓練がありました。

今回は消防団第1分団と合同訓練でした。
訓練内容はチェーンソー、削岩機の使用と、ロープの結び方(本結びも、もやい結び)の二部構成でした!!
普段、「なでしこ」はチェーンソーや削岩機に触る機会はほとんどなく、触るだけでもビクビクものでした!
私はまずチェーンソーを体験しましたが、エンジンをかけるのでも一苦労…

使う前の段階で汗びっしょりになり、結局かけることができませんでした…。チェーンソーや削岩機に実際に触れて、使ってみることで気づくことや、大変さを見にしみて感じ、そういった機材を使う男性団員の方を改めて尊敬しました。






その後はロープの結び方を学びました。
みなさんは本結びという結び方を知っていますか??
簡単そうに見えて意外にできない本結び…
なでしこも、あれ??あれ??と何度も一分団の方に教えてもらいながらなんとか結ぶことができました!

普段おこなわない訓練で戸惑いや緊張もありましたが、学ぶことで自分のレベルアップにつながったと思います!!

訓練を行うに伴い、第1分団の皆さんにご協力いただき、いろんな人に助けられていることに感謝しながら、これからも実のある訓練を今後も行い、市民の皆さんのお役に立てたらと思います!!

まだまだ暑い日が続きます!エアコンや扇風機を上手に使い、熱中症にならないようにお気をつけください!!

2019年7月10日水曜日

総合訓練を実施しました

こんにちは、「やまとなでしこ」の “れいこ” です。
7月7日、総合訓練をおこないました。東大和市消防団では年に数回、北多摩西部消防署の指導のもとでの訓練を実施しますが、この総合訓練もそのうちの1つ。岡田署長はじめ、多くの署員の方にお越し頂きました。


例年は屋外で、救助現場でのチェーンソーやエンジンカッターなど救助資器材の使い方を教えていただきます。しかし、今回はあいにくの雨模様。第二中学校の体育館をお借りして、訓練を室内バージョンに変更しておこないました。
まずは「無線運用訓練」。大地震が発生したことを想定して、消防団本部と各分団のあいだで、無線を使って情報収集や災害現場への出動指示をおこなう練習をしました。



私たち女性部は、本部に集まる情報をボードに整理して書き込んでいく役割を担当しました。必要な情報をわかりやすく、短く、正確に拾い上げること。市内のどこで何が起こっていて、どこの分団が何人で、何を目的に現場に行くのか。これは災害時、団全体として有効な活動をするためのベースとなる部分といえますが、それを適切におこなうことの難しさを、毎回痛感します。
署の方からは、情報の選択のしかた、略語などを使ってスピードを持って正確に記載していく方法などを指導いただきました。


後半は、傷病者に対する応急手当、AEDの使い方、三角巾を使った包帯法などの復習をおこないました。


今年もようやく梅雨が明け、厳しい暑さが始まります。暑さ対策や、台風や豪雨などへの備えなどをもってお過ごしください。

2019年6月22日土曜日

消防団安全運転者講習会を実施しました

こんばんは!
「やまとなでしこ」のアケミです。

令和元年6月20日、東大和警察署と北多摩西部消防署より教官をお招きして、消防団安全運転者講習会が行われました。

警察署の教官がおっしゃっていた言葉が心に残りました。
車は鉄の塊で、事故は、ヒューマンエラー 。高齢者だけでなく誰でもありうる事だと認識して 運転する。

信号の赤は、止まれですが 青は?
青は、進めではありません‼︎

進んでもいいよという意味なので 周りに注意して 進むという認識で、いつでもブレーキがかけれるように!

私、青は進めだと思っていました(´`:)
今まで無事故ですが、更に気をつけて運転を心がけたいと思います。



北多摩西部消防署 佐藤教官は、「緊急車両は、絶対に事故を起こしてはいけない!」と貴重な資料を提示して、ご教授して下さいました。

運転している機関員だけではなく、同乗している全員が周りの状況を把握して、安全に対して共有の認識を持ち、緊急時であっても、交通ルールを守り走行することで事故を回避し、助けを求めている現場に行く!!

サイレンが聞こえたら、車の方は緊急車両が通れるように左により停車して下さい。
歩行者の方も、緊急車両の動きに注意しましょう。
その先に、助かる命があります。

2019/6/20 アケミ ( •̀ •́ゞ)

2019年6月10日月曜日

東大和市水防訓練を実施しました


皆さんこんにちわ!
「やまとなでしこ」の りえ です!
関東も梅雨入りし、ジメジメした日が続いていますね。
体調管理がしにくい気候ですが、市民のみなさんも気をつけてくださいね!!

さて、6月9日〔日〕に東大和市役所の横にある砂利敷き駐車場で、東大和市水防訓練が行われました!!
北多摩西部消防署をはじめ、災害ボランティア、建設同友会の皆さん、市役所職員、そして東大和市消防団が一丸となって、土のう作りや倒壊家屋からの救助等を市民のみなさんに見ていただきました!!



今回は消防団のドローンも登場!!
今回は雨でお見せする時間も短かったですが、空からの現状把握をし、的確に対応できるよう今後も活用していきたいと思います!



これから本格的な集中豪雨が起きる時期も来ます。お家のそばの側溝は東京都や東大和市が管理していますが、毎日清掃できるわけではありません。みなさんが気が付いた際に、溜まったゴミを取り除くなど、普段から綺麗にしておくことも、水害を防ぐ1つの方法です!
ぜひ、災害が起きてから慌てて行うのではなく、日常の中に取り入れられるといいですね!!

東大和市消防団では団員を募集しています!!
男性団員だけでなく、女性も活躍をしています!
『参加する回数が少なくなりそうだから、周りに申し訳なくて団員になれない…』など考えるかもしれませんが、まずは一緒に活動してみませんか??
『やってみたい!!』『楽しそう!』という気持ちを少しでもお持ちの方、ぜひご連絡お待ちしています!!

連絡は東大和市役所の防災安全課まで。

2019年4月1日月曜日

消防団意見発表会に参加しました

 3月10日日曜日、渋谷区にある東京消防庁消防学校で行われた「第33回消防団員意見発表会」に参加してきました。星野団長、並木副団長、武藤第4分団長、比留間第6分団長そして「やまとなでしこ」2名での参加となりました。


 「消防団員意見発表会」は、東京都内12支部の消防団から選ばれた発表者が、日々の消防団活動や地域への熱い思いや提言を、1人5分の持ち時間で聴衆に訴えかけます。それぞれの講演を通じて、「今求められる消防団員像」や「消防団活動にはこんな可能性がある」ということを、広い視野から自由に考える機会となります。




 12人の発表者は、若手からベテランまで様々。うち4人は女性団員です。印象に残った講演を少しご紹介します。
・金町消防団の中口ナビンさんは、ネパール出身。来日20年で5年前に帰化。5カ国語を操る国際派でもある。消防団活動を通して日本の「規律、礼儀、ネットワーク、人情」に触れ、地域とのつながりを得たと言う。地元である葛飾柴又には多くの外国人観光客が訪れる。今後は、日本語がわからない外国人が災害に遭遇した時の対応に、様々なツールを使って取り組んでいきたいと意気込む。


  日野市消防団の馬場裕真さんは、農家として、畑の災害時の避難場所としての役割・価値に注目し、畑を活用した防災訓練に取り組む。畑には、雨風をしのげるビニールハウスがあり、野菜や水がある。災害時に、街中に点在する「畑に避難する」という新しい提案を模索している。


 もっとも評価の高かった発表者は、赤羽消防団の東海林さくらさんという20代の若い女性団員でした!小学生の頃から消防少年団を経験し、大学進学と同時に迷うことなく消防団に入ったという彼女。消防少年団など地域の災害ボランティアと消防団が、相互にもっと活動を知る必要性を訴えました。それにより、地域の災害防災活動がより充実して行くと。


 皆さんの発表から、柔らかい発想で消防団活動を捉え直していく大切さを感じました。
 やまとなでしこのれいこでした。